FC2ブログ
entry_header

2012/01/10 (火) 23:55

お店のお菓子 生菓子編

友人達から「お菓子の写真載せないの~?」の催促が・・・
載せないんじゃなくて載せれてないんだってば
毎日、PCの前でいつの間にか寝てしまう程、身体を酷使しています。
なのでこのblogの更新もなかなかできずです。

生菓子の写真をようやく撮りました。
オープンにあたり、誰でもわかるシンプルなお菓子を選びました。
これから季節が変わって行き、お菓子も少しずつ変化すると思いますが今お店に並んでるお菓子のご案内です。

いちごのショートケーキ
2012_0110逕サ蜒・036_convert_20120110191325
オープン前、スポンジの試作を何度も何度もしました。
いつかお菓子教室でもレッスンする事を想定して、何種類もの材料を使わずに喉ごしの良いものをとイメージするもなかなか納得がいかず、一体私のお腹には何台のショートケーキが・・・
デコレーションのいちごはハートにカットしています。
同様にハートのいちごを飾っておられるお店を何軒か存じていますが、私がいちごをハートにするキッカケは意外にも漫画の影響でした。
このお話はまたいつか・・・気になる方は『パティスリー MON』を読んでみて下さい。
いちごがハートは気付いて下さるお客様もちらほらいらっしゃるのですが、実は実はクリームもハートに絞ってます。
見た目はさておき、ちゃんとお菓子屋としてのお仕事してます。
ただ、スポンジにクリームを塗っていちごを挟んでるだけではありません。
一口食べた友人が「ちゃんといちごしてる~」と一言くれた時は心の中でガッツポーズでした。

シュークリーム
2012_0110逕サ蜒・033_convert_20120110190716
しっかり焼きこんだシュー生地にたっぷりのカスタードクリームをオーダー毎に絞ってます。
なので、少々お時間を頂戴致しますがご了承下さいませ。

ぜいたくプリン
2012_0110逕サ蜒・034_convert_20120110190921
見た目が地味な上に、少々良いお値段を頂戴しているので「プリン以外」とか「プリンなら数ございます」って言うと微妙なお顔をされるお客様もいらっしゃる中、一度食べた事のある方の中ではリピート率が高いお菓子です。
「想い入れたまご」と言うちょっぴりお値段も良いこだわりの卵のしかも卵黄たっぷりの配合でプリンと言うよりクレームブリュレの様ななめらかプリン系食感。
この「想い入れたまご」は卵黄の色がめちゃめちゃ濃くて、卵の殻がちょっと刺さっても崩れにくく卵白もぷりぷり。
割りながらたまごかけごはんにしたら美味しそうと思いながらプリン作ってます。

ベイクドチーズケーキ
2012_0110逕サ蜒・035_convert_20120110191136
こちらも地味なので数多くは出ませんが、クリームチーズたっぷりにレモンの酸味をしっかり利かせています。
お菓子屋さんで働く様になる前から作っていた配合を少しアレンジして、より贅沢に仕上げました。

ミルクレープ
2012_0110逕サ蜒・030_convert_20120110190236
もっちりクレープ生地とオレンジのお酒を利かせたカスタードクリームを何層も何層も重ねて作っています。
オープンの時よりお値段そのままでカットを大きくしました。
最初はクレープ生地なんてどれもそんなに大差ないだろうと思っていました。
それが焼いてみるとそんな事無い!!
あれ?何か自分のイメージと違うぞ?
それから納得行くまで、またしてもクレープ三昧。
生地自体にもほんのり甘みがあって、もっちり。
これだけ食べても美味しいクレープ生地が出来上がりました。
そこにカスタードクリームたっぷり挟むのですから、美味しくないわけがない。

モンブラン
2012_0110逕サ蜒・031_convert_20120110190406
土台はメレンゲのサクサク食感、和栗のペーストに覆われた中には自家炊き渋皮栗がごろっと丸ごと一個入ってます。
最初、モンブランのデザインはじゃなくての予定でした。
ところが例年炊いてる栗よりも小さいサイズをお願いしたにも関わらず、届いたのは立派な栗で・・・
これは上に乗せると頭でっかちになってしまう。
かと言って折角の綺麗な立派な栗を切って乗せるのももったいない。
お客様としても、ごろっと一個の方が嬉しいですよね?
そこで急遽デザイン変更。
栗が隠れてしまって見えませんが、食べた時に幸せを感じて下さい。
こちらはオープンから不動の人気商品ですが、自家炊き渋皮栗が無くなったら終了です。
次の秋までお休みです。
まだ、少し手塩にかけた栗達が保存瓶にいますが気になる方はお早めに・・・

いちごタルト
2012_0110逕サ蜒・032_convert_20120110190531
こちらはオープンの時には無かった季節限定商品です。
土台にはサクサクのクッキー生地に夏に庭で採れたブラックベリーをジャムにしてちょっとだけ忍ばせています。
そこにアーモンドクリームといちごをトッピングして焼きこみ、カスタードクリームを絞っていちごをトッピング。
いちごに塗った艶出しのジュレはショートケーキとは別の物で、ジュレ自体にもいちごの味がします。
生クリームを絞って更にいちごとブルーベリーを飾ります。
タルトって食べにくいけど、可愛く仕上がりました。
お店では一応ナイフをお出ししていますが、気にせずがぶっと手づかみでも何でも行っちゃって下さい。
美味しい物は気取って食べるより、食べやすいスタイルでかぶりつくのが一番です。

今、お店に並んでいる生菓子は以上です。
お客様からチョコのケーキが食べたいとリクエスト頂いています。
実は実は、私、パティシエールのくせにあまりチョコが得意ではないのです。
なので、自分の中で「よし!!」と思えるチョコのお菓子が少なくて・・・
それでも折角リクエスト頂いてるのだから何か考えなきゃ、しかも冬はチョコの合う季節ですしね。
試作を重ねて、ようやく自分の中で「いけるんじゃない?」ってのができてきました。
もう少し微調整して、近々お披露目できるのではないかと思っております。
もうしばらくお待ち下さいませ

スポンサーサイト



entry_header

2012/01/10 (火) 20:44

お菓子教室のご案内

お店の名前にも「お菓子教室と~」と付けているので、オープンから興味のあるお客様にお声掛け頂いていました。
独立を決めた時には不便な立地ですし、お菓子教室をメインに行う予定でしたが紆余曲折がありお店を先に始めてしまいました。
11月オープンと言うこともあり、クリスマスやお年始のバタバタと仕事のリズムがつかめていないままお店と教室の両方は皆様にご迷惑をかけるのではと思い様子を伺っていました。
まだまだ、あれもしなきゃ、これもしなきゃと言った状況ですが、いつまでもグズグズしているわけにもいかないので思い切って教室を始める事に致しました。

1月のレッスンはシュークリームです。
2011_0906逕サ蜒・036_convert_20120110190054

ご自宅で作った事がある方も多いお菓子だとは思います。
それでも、記念すべき最初のメニューに選んだのは子供の頃、シュー生地が真っ黒こげだったり、膨らまなかったりで私のトラウマだったお菓子だからです。
私の様に苦手意識をお持ちの方がいらっしゃったら一緒に克服しませんか?
シュークリームに詰めるカスタードクリームはお菓子屋さんの基本のクリームです。
お店に入って先ず最初の仕事がカスタードクリームを炊く事って言うお店も多いのではないでしょうか・・・
お菓子作りの基本となる作業が一杯詰まったお菓子を手始めにレッスンしましょう。

ご興味のある方は、お店にお問い合わせ下さい。
ご案内を送らせて頂きます

maison de fraise

side menu

CALENDAR

12 * 2012/01 * 02

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

メゾン・ド・フレイズ

Author:メゾン・ド・フレイズ
お菓子教室とお菓子の店
maison de fraise
〒569-1042
高槻市南平台1-6-5
TEL&FAX 072-628-8647
月、火曜定休 + 時々不定休
営業時間 教室と販売の両立のため変則的になっています。
blogでご確認下さい。
駐車場 有(1台)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[記事テーブル素材、他]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog