entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2012/04/30 (月) 20:39

5月の営業予定とお菓子教室

なかなか予定をupできなくてすいません。
下記の通り、営業させて頂きます。
よろしくお願い致します

 月 火 水 木 金 土
>>>>>>>01>02>03>>04>05
06>07>>08>09>10>>11>12
13>14>>15>16>17>>18>19
20>21>>22>23>24>>25>26
27>28>>29>30>31


赤文字
:お休み
青文字:教室 教室が終了次第、営業致します(13:30頃)

5月のお菓子教室は抹茶のシフォンケーキをレッスン致します。
ベーキングパウダーの力に頼らず、卵白の気泡力だけでふんわり膨らむシフォンケーキです。
お抹茶たっぷり、濃いめの大人シフォンです。
興味のある方は店頭、お電話でお問い合わせ下さい。
教室の日程は営業日の中からお選び頂き、相談させて頂きます
スポンサーサイト
entry_header

2012/04/20 (金) 22:06

自家製

全ての副素材を自家製にできる訳ではないけれど…
安心安全、オリジナリティ、コストダウン、甘さ控えめ、少量生産、色んな理由があって出来る事は自分でやってみよう。
栗の渋皮煮を作る様になってから色んな事に挑戦中。

その一つ、自家製のセミドライ苺
昨年は小粒の苺が1パック250円とかだったのに、今年は寒かったからかなかなか値段が下がらなかった
試作しようにも1パック300円超えるときつい
苺のシーズンも終わりが近づいて来た最近になってようやく落ち着いてきた様子。
休みの度に手頃なお値段の苺が無いか果物屋さんやスーパーを渡り歩き、大量に買い込んでは処理に追われる今日この頃。
正直、買ったほうが楽だし、こればっかりは安かったりするんです。
でもね、後ろの表示見ると「漂白剤」「色素」って書いてある。
何で?「漂白」して「色付ける」の?
矛盾。
なので、頑張って自家製にしてます。
このセミドライ苺作りは、苺大好きな私には拷問の様な作業です。
だって、どの工程の苺も美味しそうなんですもの
摘み食いしたら減るしなぁと思うとひたすら忍耐
作業中は目だけでなく、鼻も刺激されます。
と~っても甘酸っぱい香りが店中に広がり、幸せ~

苺のヘタを取ります。
逕サ蜒・009_convert_20120408233653
最近は、お菓子もちょっとずつ、ちょっとずつしか作ってないのでこんな沢山の苺のヘタを取るなんて久々。
自分の手のスピードに「遅!!」「イラッ!!」ってしながら、ひたすら取る。
前はもうちょっと早かったやん…

砂糖に漬けて果汁が出てきたら、炊きます。
逕サ蜒・011_convert_20120308211353

煮汁に一晩漬けて、果汁を切り並べて乾燥させます。
逕サ蜒・012_convert_20120318210110

乾くと小っちゃ!!
逕サ蜒・013_convert_20120318210225

山盛りの苺を処理しても、「自家製セミドライ苺のクグロフ」にすると、わずか10台分位にしかならない
それでも、お客様が喜んで下さるならば…

それよりも苺を炊いた時に出る大量のシロップ。
逕サ蜒・014_convert_20120318210302

クグロフの中にも煮詰めて水分を飛ばした物を入れていますが、ちっとも減らない
大好きな苺ミルクもそんなに沢山飲めるもんでもないし、甘いの飲みすぎたらヤバイ
只今、このシロップを使ったお菓子を考え中。
お楽しみに~
entry_header

2012/04/17 (火) 18:50

半年ぶり

やっと時間を作れて、カットに行ってきました。
オープン前に行った後、年末年始はそれどころじゃなく…
1月は体調不良、2~3月上旬は確定申告と初めての青色申告に追われ、3月下旬は少ない月曜以外のお休みの度に担当さんもお休みで…
毛先が細くなってきてたし、カットのラインが崩れて重くなってたので、あぁ~すっきり。

お菓子屋も美容師さんもなかなか続けるのが難しい職種です。
でも、私が通ってるHair Time さんは皆さん長い方が多いので、安心して通えるお店です
社会人1年生の頃からお世話になって…今の担当は五代目さん。
代々、先輩から引き継いで頂き、それぞれが長くお付き合い頂いてますし、退店後も個人的なお付き合いをさせて頂いてる方もいらっしゃいます。
一代目さん以外全員女性なのにすごい事です。
五代目さんはお店の事をご自身のblogに書いて下さったり、お客様に宣伝して下さったり…美容室からの情報発信はとても大きな力になるので感謝です

その後、知人のお店「豆増」さんへ。
お互いのショップカードを交換して置いてもらってます。
「豆増」さんから来て下さったお客様にベーグルサンドが美味しいと聞き、そう言えばまだ食べた事無い
これは頂かなければで、今日行って来ました。
お互いの休みが月曜なので、私の「+ 時々不定休」しか伺うチャンスが無いのが残念ですが…
「豆増」さんは自家焙煎の珈琲屋さんなので、お豆も販売して下さいます









Hair Time preem
0120833060

豆増
高槻市松が丘2-4-28
0726282748



entry_header

2012/04/16 (月) 23:39

送別会

今日は月に一度の自分のお勉強の日
同じテーブルのお菓子友達Tさんがご主人の転勤で教室を辞める事に。
メンバーの入れ替わりが少ないお教室ですので、皆長いお付き合い。
気心しれた方が辞めると言うのは寂しいものです。

同じテーブルのメンバー4人で送別会のお食事に行って来ました。
Tさんの希望のお店にしましょうと言う事で、本人が予約を取ると言う申し訳ない事に…

Tさんのご希望はフレンチの「Matsushima」
最近、外食する機会が減ってしまったので私には久々のご馳走だし、初めてのお店でとても楽しみでした。

お料理の事はお菓子のようにはよくわかりませんが、写真だけは撮ってきました。
いつも食べる事に夢中になり途中で撮ること忘れるのですが、今日は最後まで無事撮ることができました
春ですね~使われている食材が鰆だったり、竹の子だったり、菜の花だったり。
素材にこだわり、素材のお味をとても大切に料理されているのがわかる優しいお味でした。
デザートには苺のスープも!!
こんな使い方もあるんだぁと思わせてくれる一品。
パンもレストランのお隣のサ・マーシュの物で粉の香りがしっかり。
とても贅沢な一時でした。

逕サ蜒・027_convert_20120416232333逕サ蜒・028_convert_20120416232415逕サ蜒・029_convert_20120416232533逕サ蜒・030_convert_20120416232617逕サ蜒・031_convert_20120416232657逕サ蜒・033_convert_20120416232823逕サ蜒・032_convert_20120416232745

帰りは4人ともサ・マーシュでパンを買ったのは言うまでもありません。
ご馳走様でした
entry_header

2012/04/15 (日) 22:55

4月 お菓子教室日程追加のお知らせ

お菓子教室に新たなお申し込みがありました。
ありがとうございます
追加の日程は下記の通りです。

4月26(木)、27(金)

お菓子教室の日の営業は教室が終わり次第、だいたい13時半頃からとなっております。
お急ぎの方はお電話頂くか、店舗ドア横のインターホンを押して下さい。
購入のお客様にはご迷惑をおかけ致しますが、ご協力をよろしくお願い致します。

お菓子教室の日程は、営業日の中から好きな日を選んで頂けます。
時間は10時~です。
お菓子教室とお店の両立ですので、お受けできない日程がある場合もございます。
予めご了承下さい

今月はふわふわのロールケーキをレッスンしてます。
興味のある方はお問い合わせ下さい
entry_header

2012/04/09 (月) 00:44

自家製セミドライ苺のクグロフ

お待たせ致しました~!!
「自家製セミドライ苺のクグロフ」販売開始致しました。

逕サ蜒・020_convert_20120331211224

焼き菓子なのですが・・・季節を感じて頂けるものを作りたいと、その時々の季節らしい素材を使ったクグロフを販売致しております。
オープンの時には「キャラメルいちじくのクグロフ」と「自家炊き渋皮栗のクグロフ」が並んでいました。
いちじくはオープン直前に季節最後の貴重ないちじくを買い占めて炊いたものを使っていたので、あまり沢山ご用意できませんでした。
栗は10kg炊いたので、最近まで楽しんで頂けました。
ヴァレンタイン直前は「チョコと木の実のクグロフ」を販売するも、チョコレートってとってもデリケートな素材。
急に暖かくなった影響で袋の中で汗をかいてしまい、カビの原因になりかねない
かと言って、要冷蔵対応にしてしまうとちょっと持って行くのに気軽なはずの焼菓子が持ち運び時の温度に気を使わなくちゃいけないは、食べる前に常温に戻さなきゃいけないはだと面倒だよなぁ・・・と言うことで早々に終了していました。
来シーズンこそは寒くなったら直ぐにでも楽しんで頂ける様に致しますので、今シーズン食べそびれた方は楽しみにお待ち下さいませ。

そして、今販売しているのが「自家製セミドライ苺のクグロフ
こちらは数年前、苺のセミドライを手作りできると知ってクグロフに使いたいと試行錯誤。
苺のセミドライを作るときに出る大量の煮汁、これを煮詰めて生地に混ぜたらピンクにならないかなぁと淡い期待は無残にも砕け散りました。
そりゃそうです。
お菓子に加えられる水分量なんてたかがしれています。
バターの黄色、卵黄の黄色にちょびっとのピンクが勝てる訳が無い。
さっさと頭を切り替えて、ちょっと可愛いめの仕上げに出来ないかなぁ・・・
ホワイトチョコでコーティングして苺のクランチかピンクのアラザンなんか飾ったらいいんじゃない?と一人で勝手に盛り上がる
そんな時です、チョコと木の実のクグロフ」が袋の中で汗かいてたのは・・・
ホワイトチョコ駄目じゃん
で、急遽粉糖といちごパウダーの仕上げに変更した次第です。
見た目の可愛さは演出出来ませんでしたが、食べる時に苺の香りをしっかり感じて頂けるお菓子に仕上がってます。
こちらも自家製セミドライ苺を大量生産出来ないので、数に限りがございます。
気になる方はお早めに

side menu

CALENDAR

03 * 2012/04 * 05

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

メゾン・ド・フレイズ

Author:メゾン・ド・フレイズ
お菓子教室とお菓子の店
maison de fraise
〒569-1042
高槻市南平台1-6-5
TEL&FAX 072-628-8647
月、火曜定休 + 時々不定休
営業時間 教室と販売の両立のため変則的になっています。
blogでご確認下さい。
駐車場 有(1台)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[記事テーブル素材、他]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。