entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2012/09/28 (金) 19:00

10月の営業予定

日月火水木金土
  010203040506
07080910111213
14151617181920
21222324252627
28293031


赤文字:お休み
営業時間:11:00~19:00
青文字:お菓子教室 教室終了後(13時半頃)、営業致します。
お菓子教室の日程は、追加される場合がございます。
その際は、追ってお知らせ致します。
1~3日は自家製栗の渋皮煮を炊く作業に追われる為、連休を頂きます。
勝手申し上げますが、よろしくお願い致します
スポンサーサイト
entry_header

2012/09/22 (土) 21:13

9月のお菓子教室 日程追加 

9月27日(木)に教室の申し込みが入りました。
営業は教室終了後、13時半頃~になります。
よろしくお願い致します
entry_header

2012/09/17 (月) 14:40

いちじくのお菓子達

いちじくの季節です。
お店のお菓子も夏の顔から秋の顔に少しずつ変わってきています。

ショートケーキ
逕サ蜒・141_convert_20120917135431
いちごが終わってからはオレンジ、キウイ、パイナップル、ブルーベリーのさっぱり系でしたが、今はいちじくです。
1カットに大きめのいちじく約1個分を使ってます。

いちじくのタルト
逕サ蜒・142_convert_20120917135532
タルトの台にカスタードを絞って、たっぷりいちじくを飾ります。
これではどこにでもあるいちじくのタルトです。
maison de fraiseらしさは・・・タルト台に生のいちじくをキャラメル色になるまで炊いたキャラメルいちじくをトッピングして焼き込んでいます。
食べないとわからないけど、全体的に優しい味になりがちないちじく。
キャラメルいちじくが味のアクセントになってくれるはずです。

キャラメルいちじくのクグロフ
逕サ蜒・140_convert_20120917135348
私のおすすめ商品、クグロフ。
季節毎にお味を変えています。
今はキャラメルいちじく。
タルトに使ってるのと一緒で、コトコト時間をかけて炊いてます。
生のいちじくって品種が違うせいかな?
セミドライのいちじく程プチプチ感が少ないですが、香りはしっかりいちじくです。

夏に庭のいちじくとブラックベリーの成長の様子をupしてきました。
ぱったり報告しなくなったのは・・・
古い枝に成ったいちじくが鳥に狙われるもネットを張って守ったのに、大事にしすぎて木になったまま半分腐ってしまって食べれませんでした
新しい枝に成った物よりかなり大きくて、お店で使ってるLサイズの卵と一緒に並べて写真撮って「ほら大きいでしょ~」ってやるつもりだったのに・・・
毎朝、暑い中、人様には見せれない重装備をしてせっせと水やりしてたのに
ショックのあまり、触れずにいました。
今では新しい枝に成ったいちじくも少しずつ収穫できるようになりました。
甘味はいまいち・・・粒も小さい・・・
なのでキャラメルいちじく炊く時に一緒に入れてます。
庭で採れたいちじくがお客様のお腹に入ってるかもしれません。

いちじくの季節はとても短いです。
気になる方はお早めに~
まだまだお客様が多くないので、毎日少しずつしか作っておりません。
数が必要な方、どうしてもこのお菓子が食べたいとおっしゃるお客様は予めご連絡下さい。
ご予約、お取り置き賜ります
entry_header

2012/09/13 (木) 22:46

お茶会

お菓子教室の生徒さんとよくお店に来て頂くお客様をお誘いして、東京であれこれ買って来たお菓子をシェアするお茶会を開きました。
夏休みを兼ねて藤生シェフの教室に参加する為東京に行く事にしましたが、もちろんそれだけで帰って来るはずもなく。
自分だけ楽しむのもどうかと・・・
そこでこの企画。
初めてなのでどんな感じになるのか自分でもわからないまま募集した所、お仕事の都合だったり、子供さんの行事だったりと参加できる人数はこじんまり。
初めてなので逆に良かったのかなぁなんて。

参加費を頂いてのお茶会なので、存分に見て、食べて、話を聞いて頂こうと私の好きなお菓子、感じの良い店員さんのおすすめのお菓子、シェフのスペシャリテ等一杯買い込んで来ました。

縺願幻莨喟convert_20120903233254


先ずはやっぱり日本におけるフランス菓子の重鎮、河田勝彦シェフのオーボン ヴュータンは外せません。
ここはお菓子の宝箱。
いわゆる生菓子や焼菓子はもちろん、伝統菓子、コンフィズリー等関西ではなかなか見られないような、中には本場フランスでも今となっては探すのが難しいのでは?と思う様なお菓子が一杯です。
沢山ありすぎて何をセレクトしようか迷います。
でもやっぱりコンフィズリーかな。
ってことで、
ヌガー モンテリマール
ヌガー オ ショコラ
ヌガー カフェ ノワ
ヌガー プロンヴァンサル
パート ド フリュイ(マルメロ、パッション、ライム、桃)


・オ・ー・趣セ橸セ・繝エ・ュ・ー・€・・・暦スッ・具セ滂セ晢スク・枩convert_20120913213358・オ・ー・趣セ橸セ・繝エ・ュ・ー・€・・・・スカ・橸スー+・奇セ滂スー・・・・セ・・鯉セ假スュ・イ_convert_20120913212711

次に私が尊敬する藤生義治シェフのパティスリー ドゥ シェフ フジウ。
藤生シェフのお店も伝統菓子、古典菓子、コンフィズリーが一杯。
イラストレーターの方とコラボした手提げや包装紙、ポスター、絵葉書、シール等はどれも可愛くて
河田シェフのお店が重厚な感じのお菓子の宝箱に対して、藤生シェフのお店は色取りどりでおもちゃ箱の様。
ここで選んだお菓子は、
ソーシソン オ パン ヴリュ
このお菓子は100年前のレシピを紐解いて作られた藤生シェフのスペシャリテ。
ソーシソンとはソーセージの事。
サラミをイメージして白い脂身をレーズンでイメージしてます。
ラッピングもソーセージっぽく。
初めて食べた時の驚きと感動
ロールケーキなのに焼菓子で、でもしっとりで、食感も重すぎず、味もあっさりでいくらでも入る感じ。
シェフのお店に伺うと必ず購入する一品です。

FUJIU+・暦スッ・具セ滂セ晢スク・枩convert_20120913212139FUJIU+・ソ・ー・シ・ソ・・・オ+・奇セ滂セ・繝エ・假スュ_convert_20120913212018FUJIU+・ソ・ー・シ・ソ・・・オ+・奇セ滂セ・繝エ・假スュ+・カ・ッ・Юconvert_20120913212058

焼菓子中心のお茶会ですから、当時としては珍しかったと思われる焼菓子専門店からスタートされた西野之郎シェフのメゾン ド プティ フールも外せません。
ここでのお目当ては最初から、マカロン ダミアン
以前訪れた時にこのお店で初めて知ったお菓子。
アーモンドの味が濃く、一口サイズだけど一個で満足。
でも、また食べたくなる素朴なお菓子。
ここでは、このマカロン ダミアンだけのつもりだったのに・・・
お菓子に付いてたポップを見て、誘惑されてしまいました。
「JR新幹線スイーツで販売されています」の文字。
「限定」とか「ここだけ」とかに弱いです。
で、ガトー バスクも急遽追加

・抵スソ・橸セ・・・セ・・鯉セ滂セ・スィ+繝輔・繝ォ+・暦スッ・具セ滂セ晢スク・枩convert_20120913213602・抵スソ・橸セ・・・セ・・鯉セ滂セ・スィ+・鯉スー・・・擾スカ・幢セ・・€・橸セ撰スア・・・カ・橸セ・スー+・奇セ橸スス・ク_convert_20120913213458

今回は新しくオープンしたばかりのお店や初めて伺うお店も数店ありました。
その一つが和泉光一シェフのアステリスク。
独立の為に勤務していたお店を辞められて準備をされていると話を聞いていつだろう、どんなお店になるだろうと長い時間待っていました。
オープン時間前に着いたにも関わらず次々とお客様がやって来ます。
暑くても人気店にはお客様いらっしゃるんですよね。
羨まし~と思いつつ、和泉シェフのお菓子は講習会でしか食べた事がなかったのでどれにするか随分悩みました。
お店の中をウロウロ行ったり来たり・・・
悩んでる私にとても感じの良い接客をして下さる店長さんが数あるケイクの中でもシェフのスペシャリテですと教えてくれた、
ケイク ルージュ
パウンド生地にルージュ(赤)、確かカシスって表示されてた・・・(パッケージを処分してしまったので私の曖昧な記憶だけど)ので赤紫色してます。
中には栗が入ってます。
カシスと栗の組み合わせはフランス菓子では良く見られます。
ここ数年流行りの細長いスタイリッシュなケイクで、保存の為の包装はせずにセロファンに巻かれただけで専用の箱に入ってます。
日本の贈答文化の影響で焼き菓子は日持ちするって言う考えが根付いています。
でも作り手としては本当は、バターたっぷり使っているお菓子は風味が良い美味しいうちに食べて頂きたい。
それを実践するためのこの販売スタイルだと賞味期限は今までの焼菓子より短くなるけど、美味しいうちに食べて頂けるっていいですよね。

・ア・ス・・セ假スス・ク+・奇セ滂スッ・ケ・ー・シ・枩convert_20120913212520・ア・ス・・セ假スス・ク+・ケ・イ・ク+・呻スー・シ・橸スュ01_convert_20120913212401・ア・ス・・セ假スス・ク+・ケ・イ・ク+・呻スー・シ・橸スュ02_convert_20120913212441・ア・ス・・セ假スス・ク+・ケ・イ・ク+・呻スー・シ・橸スュ+・カ・ッ・Юconvert_20120914214601

木村成克シェフのお店、ラ ヴィエイユ フランス。
私の好きなお店の一つでもあります。
お菓子が魅力的なだけでなく、接客がとても感じが良いのです。
こちらのお店は駅から少し歩くのですが、そんな疲れも無かった事にしてくれるお店です。
前回訪問した時に担当して下さった方の印象が未だに残っていて、今回別の方でお話からするとまだ新人さんの様でしたが初々しいながらも嫌味がなくて気持ちよくお買い物して、お菓子を頂いて帰って来ました。
こちらのお店で選んだのは、
クグロフ
当店のクグロフと違ってこちらは発酵生地のタイプ。
他のお店で選んだお菓子とのバランスを考えると、発酵菓子はなかったのでお話するには面白いかもと思って選びました。

・暦ス・繝エ・ィ・エ・イ・包ス・・鯉セ暦セ晢スス+・暦スッ・具セ滂セ晢スク・枩convert_20120913213745・励・繝エ・ィ・エ・イ・包ス・・鯉セ暦セ晢スス+・ク・ク・橸セ幢セ契convert_20120913213655・暦ス・繝エ・ェ・イ・包ス・・鯉セ暦セ晢スス+・ク・ク・橸セ幢セ・・カ・ッ・Юconvert_20120913213824

金子美明シェフのパティスリー パリ セヴェイユ。
こちらのお店も東京に行くと必ずと言っていい程立ち寄るお店の一つです。
いつもは時間帯が遅くて種類が少なくなってしまっていたのですが、今回は朝から訪問したので私の知らないお菓子が一杯並んでる~
食べた事ないのにするか、私のお気に入りにするかで悩み
結局、お気に入りにする事に。
何故ならうる覚えなので確信はないですが、金子シェフの教室に通っておられる生徒さんのblogでこのお菓子はシェフが大事にしてるレシピの一つで、そんな大切なお菓子を教えちゃっていいの?って書いておられたの読んだ記憶があるようなないような・・・それが多分これ。
Figue cassis(フィグ カシス)
フランス語でフィグはいちじく、カシスは黒すぐり。
1カットはそう大きくないお菓子ですが、ぎっしりガルニチュール(詰め物)が入っています。
酸味と甘さのバランスが絶妙で、甘い物沢山食べて疲れてきた胃にも収まってしまうお菓子です。
いちじく大好きな私には外せないお菓子です。

・奇セ滂セ・・セ繝エ・ェ・イ・・・暦スッ・具セ滂セ晢スク・枩convert_20120913213238・奇セ滂セ・・セ繝エ・ェ・イ・・Figue+cassis_convert_20120913212854

こちらも初めて伺うお店、林正明シェフのマテリエル。
林シェフのお菓子も講習会でしか頂いた事がありませんでした。
その講習会では材料の違いがどんな風に味に影響するかと言う実験的な内容のものでした。
それがとても印象に残っていて、機会があったら伺おうと思っていました。
ここでも、若い店員さんでしたが感じのいい接客をしてもらったので、おすすめを聞いてみました。
最初にすすめてくれたのはいわゆるフルーツケーキ。
王道も良いけど、お菓子好きが集まるお茶会なので他で見ない様なのが良いと言うと、
キャラメル ノワゼット シトロン
フランス語でノワゼットはヘーゼルナッツ、シトロンはレモン。
この組み合わせは珍しいけど美味しそう!!

・擾セ・セ假スエ・吶€€謇区署_convert_20120913213147・擾セ・セ假スエ・吶€€・キ・ャ・暦セ抵セ呻ス・・会セ懶スセ・橸スッ・・ス・・シ・・セ幢セ拈convert_20120913212946・擾セ・セ假スエ・・・キ・ャ・暦セ抵セ呻ス・・会セ懶スセ・橸スッ・・ス・・シ・・セ幢セ・・カ・ッ・Юconvert_20120913213053

今回選んだお店の中で唯一女性シェフのお店、竹内良子シェフのパティスリー リョーコ。
こちらは東大阪、荒本で営業されていた人気店が東京に移転されたお店です。
焼菓子はマカロンやカット売りのパウンドが並んでいましたが、この暑さの中マカロンの持ち運びは厳しいし、カット売りのパウンドは折角のお茶会だから見た目も重要だよなぁ・・・と思い、ここでは
クロッカン
にしました。
クロッカンはかりかりしたと言う意味で食感が名前になったお菓子です。
当店でもクロッカンと言う名前のお菓子を作っていますが、こちらのとは違うタイプ。
同じ名前でも全く違うお菓子があると言うお話もできるし、こんなに薄い生地の繊細なクロッカンは初めてだったので面白そう!!

Ryico+・暦スッ・具セ滂セ晢スク・枩convert_20120913212229Ryoco縲€Croquants_convert_20120913212316

お茶を飲みながらワイワイ、ガヤガヤ、次どれにしよう?・・・お腹一杯お菓子を頂きました。
とても贅沢で幸せな時間。
2時間位かなぁと予定してましたが、かなりオーバーしてしまいました。
楽しんで頂けた様で、機会があったらまたやりたいとリクエスト頂いたので企画したいと思います。
今度はお仕事で参加出来なかった方も是非!!

長~い文章になりましたが、最後まで読んで頂いた方はきっとお菓子好きの食いしん坊さんだと思います。
作るだけでなくて、食べる楽しみも一杯のお菓子教室です。
興味を持たれた方は、お店に遊びにいらして下さいね
entry_header

2012/09/11 (火) 15:13

9月のお菓子教室日程

明日、9月12日(水)お菓子教室の予約が入りました。
営業は教室終了後、13時半頃~となります。
お急ぎの方はお電話頂くか入口横のインターホンを押して下さい。
ご不便をお掛け致しますがよろしくお願い致します。

maison de fraise
entry_header

2012/09/08 (土) 22:31

9月のお菓子教室のメニュー決まりました

9月のお菓子教室は焼菓子2品、フィナンシェとカネルを作ります。
逕サ蜒・137_convert_20120908215915

フィナンシェは金融家と言う意味で金の延べ棒をイメージして作られたお菓子です。
材料もたっぷりのバターにアーモンドプードル、はちみつ等贅沢に使用しています。
外サクッ、中しっとりの焼き立て特有の食感は普段味わえない、自分で作る人だけの特権です。
是非この機会に味わって下さい。

カネルはフランス語でシナモンの意味。
レーズンとくるみが入ったサクサククッキーです。
お客様のシナモンのクッキーが食べたいと言うリクエストから生まれた商品です。


レッスン初日直前まで悩んでましたが、マドレーヌのレシピはもう少し検討する事にしました。
予告と内容が変更される場合がございます。
予めご了承ください

entry_header

2012/09/03 (月) 22:29

藤生シェフのお菓子教室

私が尊敬する藤生シェフのお店でもお菓子教室をされています。
いつもはデモをされるそうですが、7、8月はいつもに比べて厨房の仕事が落ち着いついているからと実習形式で講習して下さいます。
毎年参加出来る訳ではありませんが時間の都合がつく時は参加してきました。

今年は参加できるかなぁ・・・
オープン以来まとまった休みを殆ど取らずやってきたので夏休み取っても良いよねと自分に言い聞かせ、8月の教室に参加して来ました。
今年はシェフが力を入れておられる古典菓子の中から家庭でも作りやすい物を選んで下さいました。
生地のタイプが全く違うクッキー3種類です。
クッキーは粉糖を使う事が多いですがグラニュー糖を使う事で食感に変化を持たせたり、加える卵が生じゃなくてゆで卵の黄身を使ったりと、食べただけではわからない配合の違い。
改まってクッキーの作り方を習う事って製菓学校以来かな?
目新しいお菓子を見て、作って、食べるのは楽しいですが、クラッシックなお菓子もまた良いものです。
逕サ蜒・162_convert_20120903212421

そしてこのお教室で新しいお菓子友達との出会いがありました。
講習が終わってからシェフのお菓子とお茶を頂きながらおしゃべり。
気がつくと2時間以上話してました
お菓子が好きって言う共通点だけで直ぐ仲良くなってしまいます
楽しい時間をありがとうございました
来年も参加できたらいいな
entry_header

2012/09/01 (土) 21:14

9月のお菓子教室

9月のメニューは焼き菓子です。
今日から9月だと言うのに、まだ悩んでます。
一つはフィナンシェ。
もう一つはマドレーヌにしたいと思っていたのですが・・・

オープンから10ヶ月経とうとしているのに、お店にマドレーヌが並んでいません。
これで行こう!!って決断できなくて・・・
試作しては泥沼にはまり、わからなくなってしばらくやめてみて、また試作してみたり。
思えば、こんなに食いしん坊の私が他の店のマドレーヌってあんまり食べたことない・・・
だから自分の中のマドレーヌの基準がいまいちボヤッとしてて
ギリギリまで調整する事になりそうです。
直前でメニューの変更なんて事もあるかも・・・です。

こんな調子のお菓子教室ですが、ご興味がある方はお問い合わせ下さい

side menu

CALENDAR

08 * 2012/09 * 10

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

メゾン・ド・フレイズ

Author:メゾン・ド・フレイズ
お菓子教室とお菓子の店
maison de fraise
〒569-1042
高槻市南平台1-6-5
TEL&FAX 072-628-8647
月、火曜定休 + 時々不定休
営業時間 教室と販売の両立のため変則的になっています。
blogでご確認下さい。
駐車場 有(1台)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[記事テーブル素材、他]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。