entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2013/01/31 (木) 23:53

追記しました

昨日、30日にupした2月の営業予定日にお菓子教室の日程を追記しています。
お申し込み、日程変更等があると予定が変わります。
blogでご確認頂くかお電話でお問い合わせ下さい。
よろしくお願い申し上げます
スポンサーサイト
entry_header

2013/01/30 (水) 22:24

2013年2月の営業予定

月火水木金土
     0102
03040506070809
1011121314
1516
17181920212223
2425262728


赤文字:お休み
青文字:お菓子教室Ⅰ
緑文字:お菓子教室Ⅱ
お菓子教室の日はレッスン終了後13時半頃からの営業になります。
お急ぎの方はお電話頂くか、店舗入口ドア横のインターホンを押して頂きます様よろしくお願い致します。
作業の内容によっては直ぐに対応出来ずにお待ち頂く事もございますが、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

maison de fraise
0726288647
entry_header

2013/01/25 (金) 22:24

手荒れ 肌荒れ しもやけ 口角炎

身体ボロボロです。
11月半ばから年始にかけては小さな店でもやっぱり仕事が多かった。
ありがたい事ですし、多少の無理は仕方ないとは思いつつ・・・
12月入った頃から急に寒くなった途端に手荒れ
指先が割れると仕事にならないので、可能な限りゴム手袋して防御してたけど勝てなかった・・・
クリスマス前の一番肝心な時に小指以外全部割れてました。
しかも一箇所とかじゃなく、あっちこっち
激痛です。
そんな時に限って硬い所にぶつけたりするんです。
指先に力が入らないし、携帯のボタン押すのも辛くてなかなかメールも打てない状態。
ジーンズのファスナーが何よりも凶器でした。
母の友人でもあり、常連のお客様でもあるN様が見かねて、高もんのハンドクリームを下さいました~
仕事中は塗ってもお菓子を触る時は洗い流さないといけないので、勿体ないくらいいいやつです。
なので寝る前にヌリヌリ
一度塗っただけでスベスベになってるのがわかる
N様、ありがとうございます

全く寝れない日も有り、連日の寝不足にブツブツもちらほら。
厨房の床はコンクリートなので、めっちゃ寒い。
靴下3枚履いてても指先が冷たいを通り越して痛い。
と思っていたら、しもやけがぁぁぁ・・・
子供の頃でさえ出来たことなかったのに。
痛いし、かゆいし、最悪
抵抗力が無くなってるから遂には口角炎まで
あくびしてもピキッ、ご飯食べてもピキッ、この繰り返しで一度割れるとなかなか治らない。
前に病院でもらった薬をヌリヌリ。
治りかけては油断してまた割れる。
極めつけはフロスする時に糸が割れ目に入り込み、飛び上がる位痛い

年々、無理を重ねた後のダメージ回復に時間が随分かかってしまいます。
日々の仕事は落ち着いたものの、ここ数ヶ月ほったらかしにしてた事務仕事や試作等が山盛り。
身体と仕事が平常に戻るにはまだ少し時間がかかりそう
それでも自分が選んだ道だから前向きに
entry_header

2013/01/22 (火) 21:46

気まぐれに・・・

寒~い今、温かい飲み物とお菓子が美味しい季節です。
生クリームやフルーツたっぷりのケーキも良いけれど、この時期焼菓子も一層美味しく感じます。
焼菓子と言うと、クッキーやマドレーヌ、パウンドケーキ等の袋に入った物のイメージが強い様です。
いやいやそれだけじゃありません。
焼いたタイプのタルトとかバターケーキやパイも焼菓子に入ります。
そう言ったお菓子はご贈答に向く袋に入ったお菓子と違って、美味しい数日のうちにお召し上がり頂きたい日常のおやつ向きです。

当店では金、土、日辺りに気まぐれでタルトを焼く事があります。
「焼く事がある」って事は焼かない日もあるのですが・・・
何を焼くかはその時の気分。
そのメニューの一つに「金柑とチョコのタルト」があります。
こちら昨年食べた方に密かな人気の商品。
「金柑のお菓子いつ出るかな~」って言って頂いています。
家の両親もお気に入りの一品。
両親の世代は子供の頃、よそのお宅の庭になっている金柑を勝手に採って食べた平和な世代。
子供心に「苦!!」って思ったらしく、開店するもっと前に金柑のお菓子を試作していると言ったら「金柑?」って大ブーイング。
ところが出来上がって試食したら偉いお気に入り。
毎年金柑の季節を楽しみにしている上、昨年は遂に金柑の木まで買って来ました。
現金な人達です

逕サ蜒・005_convert_20120304215313


教室が入ってたり、予約が重なったりしない限りは焼きたいと思っています。
出会った時には是非お試し下さいませ
entry_header

2013/01/19 (土) 23:13

栗が終わって・・・

年始早々、秋に炊いた栗の渋皮煮を使い切りました。
「モンブラン」や「自家炊き渋皮栗のクグロフ」を気に入って頂き、誠にありがとうございます。
今年の秋も体力が許す限り、自家製の栗の渋皮煮を炊こうと思っておりますので楽しみにお待ち下さいませ

のお菓子の次にお店に並んでいるお菓子のご紹介。
ちらっとだけお話しましたが、デジカメの調子がいまいちで写真をup出来てませんでした。
デジカメの機嫌を伺いつつ、撮れるときに撮った写真をここでupします。

逕サ蜒・188_convert_20130116211147
チョコと木の実のクグロフ

「チョコと木ノ実のクグロフ」はビターなチョコ生地に5種類のナッツをたっぷり加えて焼き上げ、上からヘーゼルナッツのペーストとミルクチョコを合わせた物をトロ~リかけています。

逕サ蜒・182_convert_20130116211032

チョコ系の焼き菓子はパサパサしがちですが、こちらはしっとりタイプ。
試作の時、このしっとり感を出すのにとても苦労しました。
チョコ苦手な私も大満足の1品に仕上がっています。
チョコレートはとってもデリケートな素材です。
暖かい部屋で保存すると袋の中で汗をかいてカビの原因になりかねません。
直射日光を避けて、涼しい場所で保管して下さい。
なので、連日寒い日が続いていますがお店の暖房は控えめです。
お菓子中心の温度設定なのでお菓子屋さんの厨房は暖房を使用できません。
店舗も焼菓子を並べているので控えめにさせて頂いています。
快適な環境には程遠くて申し訳ありませんが、これも全てお菓子の為。
ご理解頂ければ幸いに存じます

逕サ蜒・190_convert_20130119214140
さつまいものムース

こちらは11、12月のお菓子教室メニューでした。
形を変えてお店にもならんでいます。
シンプルですが3層になっています。
教室ではお話しましたが、各層単体でもお菓子として成り立つスグレモノレシピです。
アレンジできるのは教室に通って下さっている生徒さんの特権ですね

2012_0110逕サ蜒・036_convert_20120110191325
ショートケーキ

ショートケーキは定番のいちごです。
当店では基本、国産いちごが安定して入手出来る間だけのお取り扱いになります。
生クリームが余り好きではないお客様にも「ここのは食べれる」と言うお言葉を沢山頂いています。
軽めに仕上げていますので、是非一度ご賞味下さい。

2012_0110逕サ蜒・032_convert_20120110190531
いちごのタルト

いちごのタルトには食べた方だけがわかる隠し味を加えています。
いちごは飾りに3個、タルト台の中に1/2個と贅沢に使用しています。
こちらも国産いちごが安定して入手出来る間だけの商品です。

サンプル用にならべているケーキのいちごは時間と共にションボリ元気が無くなってしまいます。
サンプルとしてならべられるケーキが無いときは代わりにおもちゃを置いてます。
本物は元気ないちごでお客様の元へ行けるのをお待ちしています。
逕サ蜒・191_convert_20130119214412

まだまだお客様も多くは無いので少しずつしかお作りしていません。
数が必要な時、予めご購入の予定がある時、ご予約頂きましたら可能な範囲でご用意させて頂きますのでお声掛け下さい。
1個からでもご予約賜っておりますので、お気軽にご利用下さいませ


entry_header

2013/01/17 (木) 23:17

2013年1月のお菓子教室

なかなかメニューをup出来ずに申し訳ありません
やっと日常的な生活に戻りつつあり、今頃ですが教室2年目のメニュー試作に取り掛かりました。
今月は2年目の方が後半に受講を希望されてたので助かった~
って、年始からそんなんじゃ駄目じゃん

バレンタイン前と言う事で、ガトーショコラを選びました。
チョコの焼菓子でも定番中の定番です。
ですが、シンプル故にごまかしがきかないから結構難しいんです。
チョコは油脂ですから卵の気泡を潰してしまいます。
メレンゲの立て方、チョコの温度、生地の合わせ方等注意する点は一杯です。
私がパティシエールのくせにあんまりチョコが好きでは無いのでガトーショコラを食べる機会が少ないのですが・・・
「これ美味しい」ってのになかなか出会わないんですよね
気泡が潰れて目が詰まってたり、パサパサだったり。
自分の中にお手本となるガトーショコラのイメージが少ないので、いまいち正解がどこなのかつかめないのですが・・・
2回程焼いてみて、目も詰まってないしそれ程パサパサでもない好感触の物が出来てます。
ちょっと浮きが強かったのでもうちょっと焼き方の調整が必要ですが、取り敢えずイメージ写真と言う事でupします。

逕サ蜒・189_convert_20130117222329

私自身、好きから始めたお菓子の仕事ですので技術も知識もまだまだです。
だからこそお家で失敗しそうなポイントやもっと作りやすくする工夫を一緒に考えて行けるのではないかと思います。
ベテランシェフに習うお菓子教室とは違った、良い感じのゆるさを気に入って頂けたら嬉しいです。

1年目の方はシュークリームです。

2011_0906逕サ蜒・036_convert_20120110190054


こちらもお家で作った事がある方が多いお菓子ですが、膨らまなかったり、カスタードクリームが上手く炊けなかったりと言ったお話を伺います。
1度習えば出来るようになるものでもありません。
ただ、失敗しやすいポイントをお話する事で成功に近づきます。
一緒にお菓子作りを楽しみませんか?
興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

maison de fraise
0726288647
営業時間外は留守電に設定しています

entry_header

2013/01/15 (火) 23:21

ハッピーターン

さしいれ頂きました~

逕サ蜒・181_convert_20130115223931


阪急百貨店に新しく出来たハッピーターンのお店。
高槻でさえなかなか出れなくなったので、阪急改装後も一度しか梅田に出れていません
その時ちらっと覗いてみたけど大行列。
今の私には並ぶ時間のゆとりは無いので「落ち着いてから」って言い聞かせて帰って来ました。

いつも家族でご贔屓にして頂いているM様。
そのハッピーターンをさしいれて下さいました~
ありがとうございます
以前はおかきよりも洋菓子派だったのでおせんべい系って殆ど食べなかったのですが、最近塩気が欲しくて、欲しくて
甘いもの食べ過ぎ?
今日も試作のケーキを沢山食べたので、明日頂きま~す
楽しみです
entry_header

2013/01/14 (月) 23:10

1日だけ・・・

冬休みの4日間、結局ず~っとPCに張り付きっぱなしでした。
ようやく、税理士の先生から出された宿題はメドがつきました
11月半ばから仕事が増えて、睡眠時間がどんどん減ってかなり追い込まれていましたが、やっとこれで日常位の生活は出来るようになるかな?

4日間ずっと仕事じゃあんまりだし、歯医者さんの予約も入れてたので1日だけは出掛ける事に。
歯医者さん行く日にケーキ屋さんに行くのってどうなん?って思うけど、普段なかなか行けないから折角だしどっか行こう!!
高槻もケーキ屋さん増えました。
とは言え、いつでも行けると思うと案外行かないもんです
私の歯科の主治医の先生は宝塚。
伊丹近い?って気付いて前から気になっていたお店に行くことにしました。

このblogで書く食べ物屋さん情報を楽しみにして下さってる方もいらっしゃる様です。
お店リポートのblogじゃないのでたまにしか登場しないですが、興味を持って下さって「行ってみよう」と思ってもらえるのは嬉しいです。
た~だ、家も一応ケーキ屋なので・・・
関西のお店の場合、詳しく書くのは友人だったり、お世話になってるお店だったり、ケーキ屋以外にしときます
ど~しても気になる方はお店で個人的に「あれってどこ?」って聞かれたらお答えします。

で、伊丹のお店。
定休日が家とかぶってるのでなかなか行く機会が無く・・・
最近、メディアにもよく取り上げられているみたいで直ぐに売り切れるってウワサが・・・
これはオープンと同時に行かねば。
この日は出かけなきゃいけない用事全部を詰め込んでいたので、効率よく回らないと時間が足りない。
朝一番に銀行行って、絶対両替しとかなきゃヤバイ。
ケーキ屋さんは11時~だから間に合うはず。
大きい保冷剤一杯と保冷バックを持って、いざお出掛け
道が混みません様に
カーナビが壊れたから迷わず着けるかどうかもドキドキ。
10分前に店前到着!!お客さん並んでる
羨ましい光景。
次、いつ来れるかわからないからあれもこれも。
レジをピピッ、ピピッ、ピピッ・・・
はい、5000円超え~
まぁ、いつもの事です。
ん~でも本気でヤバイ。
絞れなくて随分沢山の生ケーキ買ってしまった
ランチは宝塚で先生に教えてもらったカフェでのんびりしようと思ってたのに、こりゃあ昼は抜きだなぁ。
お腹空いたけど、帰ってからケーキ食べるのでぐっと我慢して、歯医者さんへ。

ペーパーとは言え、一応現役の時に歯科衛生士の資格を取ってるんで詰めてるのが取れた時はガ~ン
今回は残ってる自分の歯が欠けて外れてしまったって事聞いて、ちょっとホッ
不可抗力。
前回型取ったので、今日はセットしてもらって終了。
大事でなくて良かった、良かった。

大急ぎで高槻に戻り、今度はえべっさんへ。
西宮で一人暮らししてた時、西宮戎の近くでした。
マンション前の道に屋台が出る程の近さ。
普段はケチケチ節約生活でしたが、この時だけは屋台が晩御飯。
お参りよりも、毎年そっちが楽しみ。
独立してからはお参りの方が大事。
オープンする前の年から地元高槻のえべっさんへ。
その時初めて飾りを買ったのですが、どれが良いかわからずお店の人に聞いてみました。
「最初は小さいのから始めて、ちょっとずつ大きくして行ったら良いよ。」って。
ところが、2回目の去年は11日残り福の夕方に訪れた所、「このサイズ最後の1個やからまけとくよ~ほんまの残り福やで~」と言う言葉に負けて、ちょっと奮発しすぎかな?って思いながらも「じゃあ、それ下さい。」って言ってしまった私
次の年の事も考えずに・・・
で、今年・・・小さいのに戻す訳にもいかず、同じサイズを購入。
お財布は痛いけど縁起物。
これに見合うお店に成長出来ます様に
最初は大きいとこやし、慣れ親しんだ西宮戎まで行こうかと思っていました。
でもお店を始めたら毎年の事だし、時間にゆとりがなくなるかもと思って地元を選びました。
こじんまりしてて、これはこれで良い雰囲気かなぁと。
何よりも買った飾りを台の所に持って行くと、巫女さんが太鼓と笛に合わせて鈴を鳴らしながら舞をしてくれます。
何かご利益ありそう。

この後、買い出しして帰ってぐったり。
疲れたけど休む間もなく、買って来たケーキを食べながらまたPCに向かう仕事漬けの冬休みでした





entry_header

2013/01/08 (火) 14:14

お菓子教室について

2012年1月にお菓子教室を始めて1年が経ちました。
中には単発でいらっしゃる方もありますが、ほとんどの方は続けて通って下さっています。
本当に、本当にありがとうございます。
こんな辺鄙な場所に、まだまだぎこちないレッスンに「来月は何?」と楽しみにして下さる皆様に感謝です

2年目に入るにあたって、お菓子教室のスタイルについてちょっと。
普段のレッスンでも触れていますが、改まってお話したり書面にしていないのでこの場をお借りします。

私自身がお菓子教室に通って来て思うのは、「もっと一杯色んなお菓子を知りたい」でした。
最初は華やかなムースを作ったりすると嬉しくって
10年ちょっとお菓子の仕事をして来た今は、華やかなお菓子も良いけど素朴でシンプルなお菓子程滋味深いものがあるなぁと思います。
色んなメニューをレッスンしてこんなお菓子もあるんだよって皆様に知って頂きたい気持ちで一杯です。
でもね、それが結構難かしい
レッスン時間を長く取ったとしても、せいぜい3時間です。
その中で全てを終わらすって大変。
普段のお仕事では前日迄に生地を仕込んで、良い状態になるまで寝かして使う物も多々あります。
冷めないと、固まらないと、次のステップに行けない事もあります。
その為にレッスンする事が難しいメニューが結構あります。
その問題を少しでも解消する方法として考えているのが・・・

最初の2年間は基本的な生地やクリームを使ったお菓子を中心にレッスンします。
今時、ケーキ屋さんでは見かけないものも登場するかも
白いスポンジ生地が焼けるようになったら、次はチョコのスポンジと言った具合です。
そうしているうちに苦手だったゴムベラも上手くなるんじゃないかな?
その後は応用です。
時には混ぜて焼くだけの簡単なお菓子もあれば、複雑な工程のお菓子もあります。
複雑な工程のお菓子の時は差し替えを用意しておきます。
もちろんその場で作り方のおさらいをしますが、「あの時のあのお菓子の生地と作り方は一緒です」と言った具合に。
そうする事でレパートリーが増えるんじゃないかと考えています。

単発でのレッスンを希望される方は1年目、2年目のメニューを受講して頂きます。
3年目以降の方の為のメニュー受講を希望される場合、作業内容や難易度、技術レベルを考慮してご相談の上受講が可能か判断させて頂きます。
予めご了承下さいませ

と言う訳で、1年目の方はシュークリームです。
昨年、記念すべき第1回目のメニューに選びました。
結構、お家で作った事のある方も多いお菓子ですが「膨らまない」とおっしゃる方が多いです。
カスタードクリームを炊く時も「焦げる~」と大騒ぎでした。
私も最初はそうでした。
「何故?」がわかれば成功は近づきます。
初めから出来るものでもないし、1回で出来るようになるものでもありません。
成功に近づく為の第一歩です。
皆で楽しくお菓子作り致しましょう
レッスンの後には私が作ったお菓子で試食タイム
お茶しながら食いしん坊トーク有り、ガールズトーク有りで楽しいひと時です。
2年目の方は、バレンタイン前と言う事でチョコ系の焼菓子を予定しています。
実はバタバタ過ぎてまだ試作してません
2年目の方は慣れてらっしゃるので「またか・・・」って調子だと思いますが
今年もこんな調子でやって行きますが、よろしくお願い致します
entry_header

2013/01/06 (日) 21:01

冬休み

明日7日(月)~10日(木)迄冬休みを頂きます

1年目の昨年は長い休みを取る勇気が無く・・・3日間のお休みでした。
いざお休みになると、気が抜けたのか体調を崩してしまい2日間はベットの中でダラダラ。
これではいかんと3日目ようやく起きだして銀行とえべっさんに行っただけと言うなお休みでした。

今年は・・・お休みを1日増やしてちょっとは自分の時間が出来たらいいな~と思うもののやっぱり仕事かなぁ。
と言うのも確定申告が迫っているからです
オープンが11月だったから昨年の確定申告はわからないなりにも2ヶ月分だし何とか形にして提出しました。
が、今年は丸々1年分。
1年目の希望者を対象に記帳指導を税理士さんからして頂けるサービスがあると案内をもらい、すぐさま申込みました。
その指導が始まったのが秋の始め頃。
風邪をひいたり、栗炊きに追われたり、何だかんだと進まない。
その上12月の指導日迄に山盛りの宿題があったにも関わらず全く手をつけれないまま、クリスマスと年末年始の慌ただしさに突入。
税理士の先生に電話をして年明けに変更してもらう程、追い込まれてしまいました。
職業柄、無理もないと快く?変更して下さいましたが、「その代わり、あれと、これと、これもしておいて下さいね。」と宿題が増えてしまいました
その宿題をこの冬休みの間に片付けなければなりません
blog書いてる場合じゃないんだけど
夜中まで仕事だな・・・

ん~でも1日位ケーキ屋さん行きたいなぁ
えべっさんも行かなきゃ
entry_header

2013/01/05 (土) 22:38

1月の営業予定

月火水木金土
  0102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

赤文字:お休み
青文字:お菓子教室Ⅰ
緑文字:お菓子教室Ⅱ
お菓子教室が開かれる日は、教室終了後13時半頃~営業致します。
お菓子教室の日程は新たなお申し込みがあった場合、増えますので予めご了承下さい。
その都度予定はblogにup致します。
営業日、営業時間等不明な点に関するお問い合わせはお電話下さい。

maison de fraise
0726288647
営業時間外は留守電に設定しています
entry_header

2013/01/02 (水) 23:45

栗の渋皮煮

秋に炊いた10kgの栗の渋皮煮が無くなろうとしています。
「自家炊き渋皮栗のクグロフ」は年末に終了。
「モンブラン」は明日、1月3日に店頭に並ぶ分で最後になります。
次の秋までお休みです。
前シーズンに食べた方が気に入って下さり、今シーズンもご来店頂くケースが多かったです。
最近は「美味しいって聞いたから」って言って頂く事が増えてきましたが、秋以降は「モンブランが美味しいって聞いたから」と。
その御陰で前シーズンより早くに栗が無くなりました。
来シーズンは炊く量を増やさなければ駄目ですね~
と言っても、徹夜に近い状態で何日も栗の見張り番をしなきゃいけないので炊く回数は1度が精一杯。
鍋に入る限界の量まで増やす位しか出来ないので、そんなに沢山はご用意出来ませんが来シーズンを楽しみにお待ち下さいませ。

「自家炊き渋皮栗のクグロフ」の次は「チョコと木ノ実のクグロフ」がお店に並んで、お客様のお越しをお待ちしております
entry_header

2013/01/02 (水) 01:02

今年もよろしくお願い致します

2012年、大変お世話になりました。
2013年もよろしくお願い致します。

昨年同様、今年も年越しは厨房でした。
日が変わり、年賀状を書き上げるつもりが数枚書いただけで眠ってしまい・・・
完全に陽が昇ってから書いたので、友人の皆様の元に届くのは随分後になってしまいますがお許し下さい。

1月の営業予定、お菓子教室のご案内、日常の出来事・・・upしなければならない事一杯ですが、全くゆとりがなく・・・
出来るだけ早く、近日中にお知らせ出来るようにしたいと思いますのでもうしばらくお待ち下さい。

お正月は元旦だけお休みを頂きます。
2~4日は時間短縮営業で11~17時。
冬休みは7~10日。

よろしくお願い致します。

maison de fraise

side menu

CALENDAR

12 * 2013/01 * 02

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

メゾン・ド・フレイズ

Author:メゾン・ド・フレイズ
お菓子教室とお菓子の店
maison de fraise
〒569-1042
高槻市南平台1-6-5
TEL&FAX 072-628-8647
月、火曜定休 + 時々不定休
営業時間 教室と販売の両立のため変則的になっています。
blogでご確認下さい。
駐車場 有(1台)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

MATERIAL

[記事テーブル素材、他]
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。